仕事辞めたいけど次がないなら、いっそ辞めてから考えるのがおすすめな理由

「仕事辞めたいけど、転職先が決まってない。そんな状態では辞められない」

そう悩んでいませんか?空白期間が出来てしまっても、意外と理由次第でなんとでもなりますよ。

忙しくて在職中に転職活動できないなら、いっそやめてから次を考えるべきです。

仕事辞めても、空白期間の理由はつくれる

みなさん、真面目に考えすぎです。空白期間が怖くて辞められないというのはおかしいですよ。

だって、空白期間の理由を後から作っちゃえばいいんですから。

具体的に、

「資格の勉強をしていた」

「制作物のアウトプットをしていた」

「個人でビジネスをしていた」

そんな理由があれば、落とされる企業はあるかもしれませんが、確実に評価してくれる企業はあります。

むしろ、「空白期間は作っちゃいけない」と弱気に転職活動していると、面接官に弱腰なのが伝わるのではないでしょうか。

それでも空白期間が気になる方の目安は3ヶ月

しかし、空白期間が伸びすぎてしまうと企業にマイナス印象が持たれてしまいます。

目安としては3ヶ月で、それまでにはアウトプットの形を整えて並行して就活していきましょう。

ただあくまで目安となるので、たとえば「自身のビジネスが軌道に乗った」などアウトプットの成果次第では1年でも2年でも大丈夫です。

むしろ「前職は個人事業主してました」と言えるくらいのレベルであれば、引っ張りだこですよ。

そもそも空白期間を嫌がる会社はこっちから願い下げ

そもそものお話になりますが、「空白期間を1ミリでも作ったらマイナス」という減点方式を採用している会社で働きたいでしょうか?

私は働きたくありません。

世の中には200万以上の会社があるので、そんな会社に執着せず、先を見据えていきましょう。

いいところを見てくれる会社はきっとありますよ。

失業期間をプラスにアピールすること

いすれにしても、空白期間をプラスのエピソードに転換して話せるようになることです。

自らどう考え行動したのか、という意味づけの部分から説明できるとポイント高いですね。

それだけで面接で評価される可能性が高まるなら、やっておいて損はないです。

企業は主体的にモノゴトに取り組む人材を求めているので、個人で簡単なアウトプットをしつつ、うまくエピソードをつくっていきましょう。

辞めてみないと分からないことがある

「次はこれにチャレンジしてみたい」

「好きなことに落ち着いて取り組みたい」

おぼろげに考えていたとしても、仕事をやめていないうちは、次のステップが明確になりません。

実際辞めてみないと、次にやりたいことが見えてこないんですよね。

不思議なもので、人間は実際にその時になってみないと気持ちが入ってこないんです。

辞めてみてホッとひと息いれることで、本当に自分がやりたかったこと、求めている心の声を聴くことができるようになります。

仕事しながらだと、落ち着いて就職活動できない

当たり前に就職活動している人もいるかと思いますが、誰もがそんなに体力があるわけではありません。

しかも仕事しながらだと疲れてるので、全力で取り組めないですよね。正直、120%の力で面接に臨むなら辞めてからのほうが断然パフォーマンスが違いますよ。

辞めてからのほうが気力も充実してくるので、メンタル面でも違います。

面接官としても、元気なほうが印象いいですよね、単純に。そういうことです。

辞めてみると、精神的なゆとりが持てる

気持ち的にも一区切りというか、前を向いて明るい気持ちで就活できます。

在職中だと、邪念が入ってなかなか素直な気持ちで取り組めないんですよね。私だけでしょうか。

辞めることで趣味などもやる余裕が出てくるので、気持ち的にも安定します。

仕事しながらの就活に苦手意識があるなら、辞めてみて落ち着いて自己分析や、企業選びに時間を使うのも悪くない選択肢だと言えます。

仕事辞めてからの就活は自然なこと

二兎追うものは一兎も得ずということわざもあります。

在職中に転職活動することは当たり前のテクニックとして語られますが、どうしても違和感を感じるんですよね。

だって在職している企業にも悪いし、完全に自分のエゴというか保身が入っている行為じゃないですか。

一区切りして、しっかり終えてから新しいことを始めるのが自然なことだと思えてなりません。

私の考え方はプロから見ると甘いと思われるかもしれませんが、誰もが在職中に就活できるということもないかと思いますよ。

もしあなたが私のように少しでも感じるなら、自分の心の声を信じてみるのも一つの手段です。

向いてない就活はしないようにしてください。

仕事辞めるのが気まずい、辞められないなら

もし今の仕事が辞めづらいと感じているなら、第三者が仲介して辞めるサポートをしてくれる「退職代行」の利用がおすすめ。

下記ページに具体的な体験談をまとめていますので、気になる方は見てみてください。

⇒退職代行は危なくない?利用して感じたメリットはある?

辞めることで気持ち的にも楽になれる

今の仕事をイヤイヤ続けたところで、得られるのは給料とストレスくらいです。

生活費に多少の余裕があるなら、辞めてから就活をするというのは普通に考えられる選択肢だと思いますよ。

むしろストレスを抱えながら就活をしてしまうことで、マイナスに働くことが多すぎるのが最大のデメリット。

そうならないためにも、辞めることを躊躇わないことです。意外となんとかなりますし、自分を追い込むことでその後の就活が上手くいく可能性も高まります。

ぜひ前向きに検討してみてください。

⇒「働くために生きる」生活に消耗しているなら、逆の環境を目指すべし

退職代行を使った人の口コミ

初心者にもおすすめな副業2選

副業ではなく、手に職つけて働きたい方はこちら

【フリーター・未経験歓迎】手に職をつけるプログラミング&就活スクール

Webエンジニア就職に強い【RUNTEQ】

第二新卒やフリーターの方はこちら

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

ブログは成果が出るまで時間がかかる

ブログで副業しているけれど、成果がなかなか出ず焦っているということはありませんか?

取り組んでも報酬が得られないと焦りますよね。そういった時には、下記で紹介する即金性のある副業で「ブログの傍ら」稼ぐことができます。

  • Webライティング
  • 動画編集(YouTube)

ただし初心者がいきなり取り組んでも稼ぐ要領が掴めず、習得までに時間がかかっては本末転倒です。

下記の参考サイトからそれぞれ専門の講座が受講できるので、テクニックを掴みいち早く稼げるようになりましょう。

参考

⇒ライティングが学べるWeb講座はこちら

⇒YouTube動画編集が学べるWeb講座はこちら